むし歯治療

むし歯に対してはミニマムインターベーション(MI)といって、削る量をできる限り少なく低侵襲な治療を目標にしています。できる限りお痛みが出ないよう、麻酔の際にも歯ぐき表面に塗る麻酔を併用しながら、治療を行います。

むし歯は自然治癒することはないので放置すると徐々に大きくなり。治療期間も長くなります。最悪の場合は抜歯しなければなりません。小さいむし歯であれば1回の治療で済む場合がおおいので定期的な健診をおすすめします。