インプラント治療

 

インプラント治療は抜けてしまったご自分の歯の代わりに人工の根を骨の中に入れることにより、新たに歯を作る治療法です。

入れ歯やブリッジなどの歯がなくなってしまった場合の治療法に比べるとご自身の残っている歯に対してダメージがないためメリットが大きい治療法ですが、健康保険の適用外となりますので、保険を適用した治療と比較すると高額になるというデメリットがあります。

当院ではインプラント治療にご興味がございましたら、治療のメリットデメリットおよび費用について十分にご説明したのちご納得いただけた場合のみ治療をおこないます。無理に自費の治療をすすめることは決してありません。

ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお話しください。

①検査

インプラントを行う部位の骨の状態をCTを用いて詳しく検査します。

またインプラント手術を行うにあたってお体に問題がないか確認させていただきます。

 

②インプラント埋入

歯ぐきを切って、骨の中にインプラントを入れる穴をあけて、インプラントをいれます。切った歯ぐきは糸で縫います。骨の状態が良好であれば当日に仮歯をお付けすることもできます。

 

③土台、かぶせ物の装着

およそ1~2か月後に骨の中でインプラントが安定した後に、土台およびかぶせ物を作成します。