大網ひだまり歯科の5つのお約束

①丁寧で十分な説明を行います。

治療にあたり一番重要なことは患者さまとの信頼関係を築くことであると考えております。

歯科治療を受ける前に、レントゲンおよび、口腔内専用のカメラを用いて写真撮影を行い、患者様のお口の中の状態を十分にご理解いただけるまでご説明いたします。疑問点がございましたら遠慮なく申し付けください。

②ご納得頂いた上での治療を行います。

当院ではインフォームドコンセント(正確な情報の説明と同意)を重視しております。

お口の中の状態をご理解いただいた上で、可能な治療方法をすべてご提示させていただき、患者様自身がご納得いだたいた治療を選択していただきます。

③痛みに配慮した治療を行います。

声掛けを行いながら患者様の状態に配慮して治療を行います。

麻酔の際にもできる限りお痛みが出ないよう、表面麻酔(歯ぐき表面に塗る麻酔)を併用しながら、治療を行います。

​痛みを我慢する必要はありませんので、お痛みの場合はすぐお伝え下さい。

できるだけ歯を削らず、治療を行います。

むし歯に対してはミニマムインターベーション(MI)といって、削る量をできる限り少なく低侵襲な治療を目標にしています。

歯科用CTを用いて正確な診断を行います。

通常のレントゲンでは原因の特定が困難な場合には、歯科用CT(立体的なレントゲン)を撮影することでより精密に診断いたします。